Patronage(支援)

占い・スピ界隈では、正直、余り聞き慣れない言葉かもしれません。
Patronage(パトロネージュ)とは、支援・後援・賛助を意味する言葉になります。
一般には、芸術方面で見られるシステムで、劇場では「〜友の会」のような呼称が多いです。
最近では、個人のクリエーターを支援するシステムや、より簡易的な"投げ銭"もあります。
何れも、活動の継続・安定を目的として、導入されている仕組みになります。

そして、今回、当サイトでも導入することに致しました。
管理人の占い・スピリチュアルに対するスタンスは"霊的成長の為のツール"です。
提供するセッションも、何度もリピートして戴くような構成にはなっておりません。
依存傾向のある方には、こちらからお断りをすることもあるほどです。
つまり、私が"目指すもの"は、所謂"収益化"とは全く無縁の場所に位置しているのです。
この為、昨年はワークライフバランスについて、かなり悩むこととなりました。
現状、このサイトは管理人の趣味・道楽(収支的な意味で)の範疇で作成されています。
現在、頻繁な更新が難しいのも、この辺りの事情に起因しています。

占術に対して、更なる学びを深めるには、何よりも<時間>が必要ですが、
兼業である為、自由に使える時間が少ないのも事実であり、結果的に更新頻度を削っています。
また、今後の活動の軸として、PDFでの冊子発行等、執筆へと舵を切りたいこともあり、
益々、更新頻度を削らざるを得ない、といった事情もあります。
もちろん、これらは"目指すもの"の為には、避けて通れない<通過儀礼>だと考えています。
とはいえ、占い・スピリチュアルを一過性の"霊感商法"として道具化する人々を目にする度、
何とも言えぬ想いに囚われてしまうのも、嘘偽りの無い本心なのです。
ならば、思い切って、Patronageシステムを導入してしまおう、と思った次第です。

つきましては、活動を支援して下さる方を募集しております。
支援は、Pixiv FANBOXの支援システムを利用しており、月500円から可能です。
同時に、Facebookグループに設置している、クローズド・サロンの会費も兼ねております。
豪華なリターンはありませんが、限定記事の公開を行っております。
なお、頂戴した支援は、サイト運営費、占術研究、各種pdf化費用(主にAdobe関連)、
多角展開へ向けた予備費として使用致します。

ご興味を持って戴けましたら、ご検討のほど宜しくお願い致します。
https://imrama.fanbox.cc

2000年以降のスピの在り方が、ちょっと苦手なシリウスB気質。     自身では、トゥバン(竜座)やアンドロメダ付近までしか遡れませんが、もっと遠い場所から来た魂さんのようです(←他人事)

関連記事